« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018-05-08

ゴールデンウィーク明け後の新入社員との面談ポイント

ゴールデンウィーク明け後に新入社員のモチベーションが下がったり、体調を崩して仕事に支障が出たりするなど、さまざまな兆候が現れてくるのが、いわゆる「5月病」です。この病に気づかないでいると、早期退職につながる恐れがあるので注意が必要です。

まず、このような兆候を把握するにはゴールデンウィーク明け後の面談が欠かせません。しかし、ただ面談をすれば良いわけではありません。新入社員から上手に話を引き出して不安を取り除くには、次のようなポイントに留意して面談を行う必要があります。

1.漠然とした聞き方をしない
「君も入社して1ヶ月だね、仕事はどう? 慣れた?」
このように漠然とした質問をいきなりする人がいますが、これでは新入社員も「ええ、まあ慣れました」など漠然とした返答しかできないため、会話が続かない傾向があります。

2.テーマを絞って聞く
そこで、新入社員に聞く時には、「仕事」「人間関係」「時間(休日)」の3つのテーマで聞くことをおすすめします。例えば、

「君も入社して1ヶ月だね。入社前の仕事に対するイメージと、実際に働いてみての感想を聞きたいのだけどいいかな?」

と言ってまず確認を取ります。その後に、

「まず、『時間』について聞かせてくれるかな。社会人になるといままでの生活リズムとは大きく異なり、慣れるのが大変かと思うのだけど、慣れた?」

と限定型の問いかけをします。

「慣れました」「大丈夫です」という答えが返ってくれば問題ありませんが、「まだ慣れない」という答えがあった場合には、「どのような点が?」と具体的に聞きます。

その後に出てきた新入社員の回答に対して、

「すぐ慣れるから大丈夫だよ」「誰でも最初はそのように感じるものだ」

と励ますつもりで楽観的な言い方をしてはいけません。まずは、

「そうか、そのような点が慣れていないか」
「なるほど、それは学生の時とは大きく異なるからね」

と新入社員の不安や想いを受けとめてください。その上で、上司としてのアドバイスや指導を行います。

3.話しやすいテーマから聞く
「仕事」「人間関係」「時間(休日)」の3つの内、新入社員が最も答えやすいテーマは「時間(休日)」です。そのため、まずこのテーマから聞き始め、新入社員が会話に慣れてきたところで、「時間」の事例同様に、

「それじゃ、仕事の内容ではどのような点にギャップを感じている?」
「人間関係というか、先輩や同僚、さらにはパートナーさんとのコミュニケーションはどうかな?」

と話しにくいテーマへと進めていきます。

社会人になって1ヶ月~3ヶ月ぐらい経つと、新入社員の多くは自分が持っていた仕事や職場に対するイメージと現実のギャップに直面します。

そして、ギャップの原因を
「自分に能力がないからだ」
「人間関係に適応できない自分がダメなんだ」
「自分にこの仕事は向いていないんだ」
など、自分や仕事を否定的に捉え、退職につながるケースもあります。

新入社員に対しては、「何かあったらいつでも相談に来い」ではいけません。上司から話を聞く機会を定期的に作り、新入社員が持っている「不安」や「恐れ」を受けとめ、それらを取り除く手助けを必ず行っていただきたいと思います。


« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »