« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018-11-18

娘との信頼関係作りにも役立つ「コーチング研修」

「お父さんと洗濯物は別に洗って」

12%の女子がこのように回答、さらにある特徴のお父さんに限ると、この回答は38%に跳ね上がる!

その特徴とは「話を全く聞かない父親」。

この数値は昭和女子大学の臼田明子さんが20代の男女1,000人に対して、「子供の頃の父親との関係」を調査した結果です。

上記は、11月14日(水)の『NHKニュースおはよう日本』の中で紹介されていた内容の一部です。私が興味を持ったのはアナウンサーの質問に対する「こんな対応はダメ!」という臼田さんの回答です。

回答①「いい加減な返事をしない」
つい、子供の話を聞いていて、『へー』『ふーん』など言ってしまっていると、娘はお父さんが真面目に聞いてくれていないと思ってしまう。

回答②「指導ではなく共感」
お父さんは『こうした方がいい!』という問題解決型の人が多いのです。そうではなく、娘はただ共感してもらい。『それは、つらいね』などと共感してあげることが大切。

なるほど、これはコーチング研修の「聞き方のスキル」で学ぶ『相づち』の活用ですね。また、女性従業員が多い職場では相手の話を聞きながら、

「うんうん、それは面白そうだね」
「そうか、それは大変だったな」
「なるほど、それはうれしいね」

など、相手の感情のこもった言葉を繰り返し、『共感』を伝えることがいかに大切か話していますが、娘との信頼関係作りにも役立つコミュニケーション・スキルだということを再確認しました。

この先、上記のような年頃の子供がいると推測される男性管理職者のコーチング研修時にはこの調査結果を紹介し、職場だけではなく家族関係にも役立つ「聞くこと」の大切さを伝えたいと思います。


« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »