« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019-01-18

今年の恵方巻は「予約に力を入れていきましょう!」

Img_20190112_113539今年も食品スーパーやコンビニエンスストアの店頭で恵方巻きのチラシやポスターを見かける季節になりました。しかし、今年は売り方が少し変わるかも知れません。

 

というのも、節分の時期にはコンビニエンスストアや食品スーパーの店頭に大量の恵方巻きが並びますが、売れ残りも多く食品廃棄につながる問題が指摘されていました。

そこで、農林水産省は1月11日に、節分の時期に店頭に並ぶ恵方巻きについて、需要に見合った販売をするよう業界団体に要請したからです。

 

農林水産省が日本スーパーマーケットや日本フランチャイズチェーン協会など、小売業の7つの団体に呼びかけた内容は次の2点です。

 

1.貴重な食料資源の有効活用という観点を踏まえた上で、需要に見合った販売の推進について会員企業への周知を依頼。

2.一部の小売業では、予約販売を徹底したり、折込チラシで資源を大切にする気持ちを消費者に呼びかけ、廃棄の削減に繋げた事例を紹介。

 

国が食品廃棄の問題に文書で要請を出すのは、昨年のウナギのかば焼きに続き2回目です。

年の土用の丑の日には、多くの食品スーパーが通常のうなぎのかば焼きの陳列量を減らし、日持ちする真空パックの商品を大量に陳列していました。

さて、今年の恵方巻きはどうなるのでしょうか。

いままで、常に前年を上回る発注量を加盟店に求めてきたコンビニ大手の本部ですが、さすがに今年は「発注量を増やしてください」とは言えないでしょう。

 

おそらく、今年は「予約の獲得に力を入れましょう」というスタンスに変わっているのではないでしょうか。

 

 

 


« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »