« 2020年2月 | トップページ

2020-03-05

FCショー2020の中止&パート・アルバイトの定着率改善策

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、3月4日~6日に予定されていた「フランチャイズ・ショー2020」が中止となりました。開催の取りやめは大変残念なことです。一日も早く感染の拡大が収まることを願います。

前回のブログ=「今年も『フランチャイズ・ショー』でセミナーを担当します」でも案内しましたが、今回は人手不足時代のパート・アルバイトの採用と人材育成のポイント」というテーマで、特に定着率の大切さと戦力化の必要性について話すつもりでした。

なぜなら、今年は夏にオリンピックとパラリンピックの開催が予定されているため、パート・アルバイトがボランティアに参加して仕事を辞めたり、休んだりすることが考えられます。また、訪日客が増えて消費活動も活発になるため、既存の事業者がパート・アルバイトの雇用を増やすことも考えられるからです。

私のように考えている人は多いようで、3月4日付けの日経MJには下記のような見出しで定着率の必要性と対応策が書かれていました。

場当たり的でない教育を
オリパラ後も従業員に定着してもらうには

Photo_20200304151401 記事を寄稿したパーソル総合研究所のフィールドHRラボの調査によると、新しく採用したアルバイトの約55%が半年以内に退職しています。これでは3~4月に採用しても、オリンピック開催時までに半数以上が退職してしまうことになります。

よく顧問先の経営者と「定着率改善が先か」「採用を増やすことが先か」という話になりますが、私は『定着率の改善が先』だと確信しています。ただ、定着しない職場にはさまざまな問題が根付いていて、一朝一夕にはその問題を改善できないのも事実です。

しかし、いまから取り組めばまだ間に合います。今回FCショーのセミナーで話すことができませんでしたが、定着化のポイントは私の近著=『Q&Aで納得 人も問題を解決する 実践コーチング』にも詳しく書いていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

« 2020年2月 | トップページ